コラム

コラム2019年09月「すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年-後編―」

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル(中央):前編からちょっと時間が経っちゃったけど、残りの写真も見てみようか。
マリー(右):経営戦略部長のTさんもカンカンね。
コンバ(左):まぁ何とか許してもらおう。外の出店とかの写真がまだだったよね。早く見てみようよ。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

コンバ:こ、これは焼き鳥じゃないですか!?
ベル:そうだね。時間帯によっては長蛇の列だったよ。一度にたくさん買っていかれる方も多かったみたいだしね。
マリー:暑くて大変だったでしょうね。…ところで、エプロンに隠れてわかりにくいけど、焼き鳥を焼いているPSWのO森さん、ちょっと変わった服を着てない?
コンバ:あぁ、言われてみれば…、これはフラミンゴかい?
ベル:よく気が付いたね。これは去年に医事課の桜I課長が来ていた服だよ。何故着ることになったのかはわからないけど。
マリー:派手ねぇ。そもそも、何で持って来たのかしらね?

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:今度は焼きそばだね。
コンバ:…この人、どなた?
マリー:知らないの?調理員のT村くんよ!
コンバ:T村くん…。
マリー:よくコメディカル室で栄養士のU田さんが彼の話をしているわ。コメディカル室で調理員さんの名前が出る回数が圧倒的に多いのは、このT村くんね。
コンバ:そ、そうなんだ。よく知ってるね…。
ベル:知名度はともかく、炎天下の中でこの焼きそばブースを支えたのがT村くんだよ。
コンバ:へぇー…。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

マリー:これは、スマートボール?
ベル:そう、SB。
コンバ:略はいいって。最近は地域のお祭りとかでスマートボールって置いているのかねぇ?
マリー:どうだろう…。いずれにしても、小さなお子さんも楽しめるだろうし、大人だって懐かしく感じられるかもしれないわね。
コンバ:ベルはやってみたかぃ?
ベル:前日に届いたときに試し打ちしてみたけど、やっぱり難しいものだね。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

コンバ:お、ヨーヨーだね。
ベル:一応ヨーヨーを釣る道具もあったんだけど、まぁ小さいお子さんは直接取るよね。
マリー:いろんな色があって綺麗ね。まさに夏って感じがするわ。
ベル:この日じゃないけど、以前PSWの本Mさんが、残ったヨーヨーを1つ自宅に持ち帰ったら、2人のお子さんで取り合いになったらしいよ。
コンバ:やっぱり人の心を惹きつけるんだね、ヨーヨーは。
マリー:そんな大げさなものかはわからないけど…、個人的には割と好きよ。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

マリー:…すごく変な人がいるけど。
コンバ:夏祭り会場に水泳キャップとゴーグルの怪しい人物…。名札をしているから職員だろうけど、この人は一体何をしているんだい?
ベル:SRです。
コンバ:スタンプラリーか。相変わらずコスチュームのチョイスがシュールだね。
ベル:今年はこの水泳キャップとゴーグルと、隣の総務課K谷さんが着けている王冠のほか、カラフルなアフロととんがり帽子もあったよ。
マリー:まったく、誰が選ぶのよ、それ。
ベル:この水泳キャップとゴーグルの人だよ。この人は時々恥をかくことを躊躇わなくなるんだ。
コンバ:子供さんにとってはどうかわからないけど、大人としてはちょっと近寄りがたいね。
マリー:話しかけられたくはないわねー。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:コスチュームが怖いかどうかはともかく、スタンプをすべて集められたら景品と交換するんだ。
マリー:わぁ、いろんな種類があるのね!選ぶのも楽しそう!
ベル:ちなみにこれ、ボタンを押すと光るんだよ。赤とか青とかがチカチカと。
コンバ:去年も光るものじゃなかった?
ベル:やっぱりお子さんたちは光ったら嬉しいでしょ。
マリー:まぁ…、うん、たぶん。
コンバ:水泳キャップとゴーグルがテーブルの上に置いてあるように見えるんだけど…。
ベル:これはグループホーム松ぼっくり担当のPSW松Oさんも着けるはずだったんだけど、きつくて入らなかったんだって。結果的に水泳キャップとゴーグルの人は、会場にさっきの人しかいなかったことになるんだ。他のコスチュームは二人ずついたんだけどね。
マリー:ちょっと探すのが難しかったかしらね?

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

コンバ:うぉっ!?射的!?
ベル:そうだね。銃も結構本格的だねぇ。
マリー:そしてこの銃を構える後ろ姿は桜I課長ね。
コンバ:大胆なプリントシャツと半ズボンが目を引きすぎるよ。今年はインコの柄なのね。
ベル:まぁインコはともかく、これもお子さんの心を惹きつけるには十分すぎるコーナーだね。
マリー:大人も本気になりそうよね。楽しそう。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:これは、ボッチャだね。
コンバ:ボ…、何だって?
ベル:ボッチャだよ。パラリンピックの正式競技になっているけど、知らないかい?
マリー:あぁ、ボッチャね。ちょっと規模は狭いけど、ちゃんとルールに沿ったラインを引いているのね。
ベル:2分の1スケールだそうだけど、来年の東京オリンピックやパラリンピックを意識した初めての試みだよ。的になる白いボールに、いかに自分の色のボールを近づけるかといった競技なんだけど、やってみるとかなりの頭脳戦だね。
コンバ:このボッチャのセットも、夏祭りが終わった後はデイケアや作業療法で活躍するわけだね。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

コンバ:な、何だこりゃ!?
ベル:流しそうめんだよ。すごいでしょ。
マリー:へぇ!ここはカフェテリア横の吹き抜けスペースね。まさかすずらん病院で流しそうめんができるとは思わなかったわ。
ベル:ちゃんと竹を使っているんだよ。AC総研のK西さんが準備してくれました。
コンバ:これはお子さんたちは大喜びだね。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:こんな写真もございます。
コンバ:おぉ…。CMか宣伝広告に使えそうだね。
マリー:これは楽しいでしょうね!
ベル:今回流しそうめんをやるっていう案が桜I課長から出た時はどうなることかと思ったけど、何とかなるもんだなぁ。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:ここからはWatana Besta SOCIAL clubさんのLiveだね。CDやグッズ販売もしてくれました。
マリー:すずらん病院の6階にある機能回復訓練室で行われたLiveのことね。
コンバ:今年も来て下さったんだね。ありがたいありがたい。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

マリー:相変わらず、いい男ね。
ベル:去年もそうだったけど、ベスタさんは今年もこの後、次の出演を控える稚内に向かったんだよ。
コンバ:今年も!?忙しいんだねぇ。まぁ、きっとお祭りとか、そういう時期なんだろうね。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

ベル:今年もたくさんの人がLiveを楽しんでいかれました。
コンバ:やっぱり直接聞く歌は良いよねー。
マリー:歌手の方の歌を聞く機会なんてそんなに多くないだろうし、そういう場を作らせていただいて、私たちも嬉しいわね。

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

コンバ:5階病棟のN澤課長だねぇ。あぁ、ファンなんだっけ?
マリー:そういえば、Liveが終わった後にCDか何かを持ってすごいニコニコしながら1階を歩いていたところを見た気がするわ。
ベル:職員もまたベスタさんの歌を聞いて、また明日頑張ろうと思うわけだよ。

マリー:今年もたくさんの写真が見られたわね!おもしろかった!
コンバ:夏祭りが終わったら、あっという間に秋が来る感じがするなぁ。
ベル:来年もこういう夏祭りを通して、皆さんと楽しい時間を過ごせると良いよね。
コンバ:ところで、コラムのタイトルにある、すずらん病院で夏祭りを叫んだ中年って、結局誰のことなの?
マリー:あぁ…、そういえばそんなタイトルだったわね。
ベル:最後は職員の素敵な笑顔の写真でお別れさせていただこう。それではまた、次の機会に。さようならー。
マリー・コンバ:えっ!?スルーなの!?終わりなの!?

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

すずらん病院の中心で夏祭りを叫んだ中年

(写真:診療技術部K村課長・OT631号 文:水泳キャップとゴーグルの人)

前のコラム | 一覧に戻る