看護部案内

看護部長ごあいさつ

江別すずらん病院のHPを見て頂きありがとうございます。
看護部は、患者さんやご家族の心に寄り添って、一人ひとりがかけがえのない大切な人として看護を提供するように努めています。また患者さんが自分らしく地域で安心して過ごすことができるように、多職種と共にチーム医療の充実を目指しています。
当院では、ワーク・ライフ・バランスを大切にし、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。平成30年4月には院内保育園が開園し子育て世代の方には、安心して働くことができる病院となりました。
江別すずらん病院に興味のある方は、見学に来ていただければ嬉しいです。
皆さんをお待ちしています。

看護部長 茅野さゆり

副看護部長ごあいさつ

精神科における看護師の役割は計り知れなく、とても重要だと日々痛感しています。そう思いながらも、自分は充分にやれていない不全感をなかなかクリアできないまま、精神科にとても長く勤務しています。皆が働きやすい職場づくりや、より専門性を発揮したケアができるように、学びながら副部長の責務を果たしていきたいと思います。

副看護部長 斉藤三枝子

看護部顧問ごあいさつ

こんにちは。看護部顧問の藤崎です。この病院に来て4年目となりました。教育を中心に看護学生の実習環境の調整や職員教育のサポートをさせて頂いております。春から開園した保育園のサポートも新たに加わり子どもたちと接することで幸せと癒しをもらっています。
私はナイチンゲール看護論を判断根拠の拠り所として、よりよい看護を目指す看護科学研究学会(看科研)の会員として、現在も学習を続けています。そこで、今年はナイチンゲールの看護の考え方を多くの職員に知ってもらえるように、直接的、間接的に刺激していこうと思っています。

看護部顧問 藤崎こずえ

看護部理念・方針

【看護部理念】

豊かな心と感性で、安全で安らぎのある看護を提供し、
人々の心身の健康とその人らしい生活の実現に寄与します

【看護部 方針】

  1. 人間尊重の基本理念のもと一人ひとりに応じた看護を行います
  2. 人と人との関係を大切にし、対話と誠意ある看護を行います
  3. 多職種や地域との連携を図り、チーム医療を推進します
  4. 最善の看護が提供できるように、教育・研修・研究活動に取り組みます
  5. 専門職としての役割を自覚し、誇りとやりがいのある職場づくりに努めます

【平成30年度 看護部目標】

  1. 患者さん・ご家族の心に寄り添ったチーム医療を提供します。
    1)日々のカンファレンスを活用し個別性のあるケアを実践する。
    2)患者さん・ご家族の意思決定を支援する。
    3)他職種と協働し患者中心のチーム医療を提供する。
  2. 専門職として目標管理を行い、やりがいを感じられる看護を実践します。
    1)部署全職員で部署目標を立案し評価する。
    2)部署目標に沿って一人ひとりが実現可能で具体的な目標を設定し評価できる。
  3. 業務改善しながら安心・安全な看護を提供します。
    1)各部署の課題を明確にして医療安全対策および感染防止対策に対しての改善を図る。
  4. 各部署の特徴に合わせて、看護・介護の技術(知識・技能・心)の習熟を目指します。

看護部 組織図

看護部 組織図

看護部 各部署紹介

■外来部門

外来では患者さんが安心して診療が受けられるように、医師をはじめ他部門(医療相談室・臨床心理室・認知症疾患医療センター・認知症デイケア・精神科デイケア・各病棟)と連携しています。その中で精神科の外来看護師として経験を重ね日々自己研鑽をしています。
訪問看護では、患者さん・ご家族とじっくり関わる事を大切にしています。
今後も「優しい外来、安心していただける外来」を心掛け、患者さん・ご家族に寄り添えるよう努めていきますので、地域住民・関係機関の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

〈外来の特徴〉
当院の外来には「もの忘れ」「思春期」の専門外来がある他、外来で作業療法が行なえる「外来作業療法」の導入や、復職支援として「リワーク外来」、集団精神療法「アルコール依存症治療プログラム」などもあります。

外来課長 今川菜美子

■2階精神急性期治療病棟〈アザレア〉

2階精神急性期病棟は、精神疾患全般で精神科症状が悪化した急性期に集中的な治療が必要な患者さんが入院される病棟です。
心身の安静に努め様々な症状の理解と把握をして患者さんの苦痛のレベルを見極めた治療が実践されています。薬物療法や精神療法と精神科リハビリテーションや認知行動療法に沿ったプログラムも行われています。
患者さんが安心で安全に治療を受けられるように、入院中の合併症の防止や事故防止のため医療安全への取り組みも行っています。退院後への不安の軽減に対し様々な部署と連携し、チーム全体が退院準備を行うのも急性期病棟の役割として実践しています。

2階アザレア病棟課長 田中昭男

■3階精神療養病棟〈ライラック〉

当病棟は精神療法と退院促進を兼ねた病棟です。
ゆったりとした環境の中で患者さんと看護スタッフが退院に向けて相談できる時間を多く持ちながら、患者さんの意向を最大限に優先した関わりを行っています。
今後の生活に向けて、洗濯や買物など実生活に沿った内容を一緒に練習しています。また作業療法や園芸・外出レクレーションや交通機関利用の訓練も取り入れています。その中で対人関係を良好に築くためのスキルも身につけています。当事者研究では、その人なりの対処の工夫を見つけ出すことにも心がけており退院支援に向けた取り組みの一環にしています。

3階ライラック病棟課長 加藤博己

■4階精神一般病棟〈カメリア〉

4階カメリア病棟は、精神一般病棟です。認知症に加え内科疾患がある場合は当病棟で対応させていただきます。患者さん・ご家族の思いを大切に、あたたかいケアを提供させていただきます。患者さん一人ひとりに合わせたケアを提供できるよう、多職種と協働して奮闘中です。

4階カメリア病棟課長 高田理香

■5階認知症治療病棟〈メープル〉

5Fメイプル病棟は認知症疾患治療病棟となっております。
認知症は進行する脳の疾患であり、今まで出来ていた社会生活、日常生活を送ることが徐々に出来なくなっていきます。
そんな患者さんの尊厳を守りながら、生活行動が取れるよう、また地域での生活に戻れるよう私たちは支援しております。
認知症が生活の中で大きく影響するのはBPSDと呼ばれる暴言暴力、抑うつ、昼夜逆転、せん妄、徘徊、失禁等です。症状に対し薬物療法で抑えることも可能ですが、身体にも影響が生じます。これらは普段の関わり方でも緩和されることがわかってきており、声掛けの仕方ひとつで患者さんの状態は変化します。私たちは日々、患者さんと関わりながら、個々に合わせた対応を心がけています。

5階メイプル病棟課長 中澤信吾

■認知症デイケア すずらん

『認知症デイケア すずらん』は認知症疾患の精神症状が、趣味活動やリハビリを意識的に行うことで軽快し、社会生活を維持し生活の安定を図ることを目的とした通所型の医療システムです。街路樹に面した大きな窓から太陽の日差しが柔らかく差し込む中、40名前後の仲間と一緒に歌やゲームを楽しみ、園芸や、または静かな環境で時間を過ごしていただいています。
ご家族の介護負担が少しでも軽減し、ご家族との生活が安定して長く続けられるよう、看護師・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士の専門職が工夫を凝らし対応しています。興味のある方は、一度体験してみませんか!利用のご希望がある時は、すずらん病院の主治医にご相談下さい。

認知症デイケア すずらん 課長 荒谷洋美

■医療安全部門

当院では日々、患者さんに安心して安全な医療を受けて頂くための活動を行っています。全職員が医療安全の意識を高めるために、参加率100%を意識した院内教育研修の実施や、インシデント報告書を分析し、リスク回避の対策を検討すると共に、確実に実施できているかを調査し評価もしています。また、感染対策委員会と協力し医療事故や院内感染の拡大防止に取り組んでいます。

副看護部長 兼 医療安全部門担当 中野直美

■老人看護専門看護師

皆さんこんにちは。
私は、平成28年に老人看護専門看護師の認定を受け、現在は認知症疾患医療センターに所属し、もの忘れ外来、認知症治療病棟、認知症デイケアなどで奮闘中です。
認知症になっても住み慣れた地域で生活できるように、初期診断後のサポート、勉強会の開催や様々な相談もお受けしております。地域の皆さん、専門職の皆さん、どうぞお気軽にご相談ください。

【院外活動】

  • 精神科病院から自宅や介護施設へ退院した認知症高齢者への看護、日本老年看護学会第21回学術集会,2016.
  • 拒食のあるレビー小体型認知症高齢者へのケア ―1事例を通しての取り組み― ,第18回日本認知症ケア学会大会,2017.
  • 地域住民、専門職を対象とした認知症ケアに関する講演、研修会の開催。

認知症疾患医療センター 主任 澤田萌

■アルコール担当

当院では、依存症専門医療機関(アルコール健康障害)としてアルコール依存症治療プログラムを実施しています。
入院患者さんと外来患者さんを対象に毎週水曜日と金曜日の14:00~15:00で行なっています。認知行動療法や依存症関連のDVDなどを活用し、患者さんの体験や依存行動を減らす工夫などを話し合いながら回復に向けての取り組みを行なっています。
ご家族対象にはアディクションファミリープログラム(家族会)を毎月第3木曜日18:30~20:00で開催しています。
詳しいお問い合わせにつきましては、医療相談課にご連絡下さい。

アルコール依存症担当看護師 田中昭男/担当精神保健福祉士 長友勇樹