看護部案内

看護部理念・方針

【看護部理念】

豊かな心と感性で、安全で安らぎのある看護を提供し、
人々の心身の健康とその人らしい生活の実現に寄与します

【看護部 方針】

  1. 人間尊重の基本理念のもと一人ひとりに応じた看護を行います
  2. 人と人との関係を大切にし、対話と誠意ある看護を行います
  3. 多職種や地域との連携を図り、チーム医療を推進します
  4. 最善の看護が提供できるように、教育・研修・研究活動に取り組みます
  5. 専門職としての役割を自覚し、誇りとやりがいのある職場づくりに努めます

【2020年度 看護部目標】

  1. 患者さん・ご家族の心に寄り添ったチーム医療を提供します。
    1)受け持ち看護師として責任を持って看護を提供する
    ①患者さん・ご家族に受け持ちであることを名乗る
    ②受け持ち看護師としてカンファレンスを活用できる
    2)患者さん・ご家族の意思を尊重し、他職種と協働しながら患者中心のチーム医療を提供する
  2. 専門職として目標管理を行い、看護を実践します。
    1)部署全職員で部署目標を立案し評価する
    2)部署目標に沿って一人ひとり実現可能で具体的な目標を設定し評価できる
  3. 業務改善しながら安全・安心な看護を実践します。 1)定期的に部署内の課題を検討し、業務改善への取り組みを行う
    2)医療安全対策として誤薬防止の取り組みを実践する
    3)感染防止対策として患者さん及び職員の手洗いの徹底する
  4. 各部署の特徴に合わせて、看護・介護の技術(知識・技能・心)の習熟を目指します。

看護部長ごあいさつ

江別すずらん病院のHPをご覧頂き、ありがとうございます。
看護部は、患者さんやご家族との心に寄り添って、一人ひとりがかけがえの無い大切な人として看護を提供するように努めています。また患者さんが自分らしく地域で安心して過ごすことができるように、他職種と共にチーム医療の充実を目指しています。

さらに当院では、職員のワーク・ライフ・バランスを大切にし、働きやすい職場環境づくりに取り組んでいます。院内保育園があり子育て世代の方も安心して働くことができる病院です。

もし江別すずらん病院に興味持っていただけるようでしたら、ぜひ見学に来て頂ければ幸いです。
皆様のご来院をお待ちしております。

看護部長 茅野さゆり

副看護部長ごあいさつ

精神科における看護師の役割は計り知れなく、とても重要だと日々痛感しています。そう思いながらも、自分は充分にやれていない不全感をなかなかクリアできないまま、精神科にとても長く勤務しています。皆が働きやすい職場づくりや、より専門性を発揮したケアができるように、学びながら副部長の責務を果たしていきたいと思います。

副看護部長 兼 3階ライラック病棟課長 斉藤三枝子

看護部顧問ごあいさつ

主に看護学生の実習環境の調整や職員教育をサポートしています。また、院内保育園の子どもたちの健康面でのサポート役をしておりますが、子どもたちとの関わりから逆に幸せと癒しをもらっています。
私はナイチンゲール看護論を判断根拠の拠り所として、よりよい看護を目指す看護科学研究学会(看科研)の会員として学習を続けています。そこでの学びをもとに、多くの職員にナイチンゲール看護の考え方を知ってもらえるように関わっております。 今年はナイチンゲール生誕200年です。看護職の方はこの機会に「看護覚書」をじっくり読み返してみるのはいかがでしょうか。

看護部顧問 藤崎こずえ

看護部 組織図

看護部 組織図

看護部 各部署紹介

■外来部門

外来では患者さんが安心して診療が受けられるように、医師をはじめ他部門(医療相談室・臨床心理室・認知症疾患医療センター・認知症デイケア・精神科デイケア・各病棟)と連携しています。その中で精神科の外来看護師として経験を重ね日々自己研鑽をしています。
訪問看護では、患者さん・ご家族とじっくり関わる事を大切にしています。
今後も「優しい外来、安心していただける外来」を心掛け、患者さん・ご家族に寄り添えるよう努めていきますので、地域住民・関係機関の皆さま、どうぞよろしくお願いします。

〈外来の特徴〉
当院の外来には「もの忘れ」「思春期」の専門外来がある他、外来で作業療法が行なえる「外来作業療法」の導入や、復職支援として「リワーク外来」、集団精神療法「アルコール依存症治療プログラム」などもあります。

外来課長 今川菜美子

■2階精神急性期治療病棟〈アザレア〉

2階精神急性期病棟は、精神疾患全般で精神科症状が悪化した急性期に集中的な治療が必要な患者さんが入院される病棟です。
心身の安静に努め様々な症状の理解と把握をして患者さんの苦痛のレベルを見極めた治療が実践されています。薬物療法や精神療法と精神科リハビリテーションや認知行動療法に沿ったプログラムも行われています。
患者さんが安心で安全に治療を受けられるように、入院中の合併症の防止や事故防止のため医療安全への取り組みも行っています。退院後への不安の軽減に対し様々な部署と連携し、チーム全体が退院準備を行うのも急性期病棟の役割として実践しています。

2階アザレア病棟課長 田中昭男

■3階精神療養病棟〈ライラック〉

3階病棟は落ち着いた経験豊かなスタッフがそろい、様々な患者さんの思いや希望に沿いながら長期療養や退院支援の個別的な関りをしています。私は看護部副部長としての役割も兼任しますが、より専門性を発揮し、患者様ファーストの看護を常に大事にした行動がとれることを目指します。

副看護部長 兼 3階ライラック病棟課長 斉藤 三枝子

■4階精神一般病棟〈カメリア〉

4階病棟は認知症だけでなく、内科疾患をお持ちの患者さんにも対応しています。患者さんやご家族の思いに寄り添ったケアを心掛け、少しでも穏やかに過ごしていただけるよう、多職種連携による充実したチーム医療と入院環境を提供させていただきます。

4階カメリア病棟課長 宮﨑 靖子

■5階認知症治療病棟〈メープル〉

認知症症状のために、自宅や施設での生活が困難な方が入院し、治療を行う病棟です。認知症は完治する病気ではありませんが、薬物療法の他にケアする側の関り一つで改善がみられることがあります。多職種チームで、日々の関りの中で患者さんの状態や変化を観察し、心地良さを引き出せるようなケアを行っていきたいと考えています。また、ご家族や施設職員の方と連携を図り、不安や悩みの解消に努め、退院のお手伝いをさせていただきます。

5階メープル病棟課長 高田 理香

■認知症デイケア すずらん

当デイケアは、認知症疾患による精神症状を趣味活動やリハビリを意識的に行うことで軽快させ、社会生活を維持し、生活の安定を図ることを目的とした通所型の医療システムです。当院デイケア棟1階で活動をしておりましたが、2019年4月から2階にも広げ、集団での交流や小人数での活動を行う一方、静かに過ごす場所を設けるなど、ご自身の希望に合わせて過ごしていただけます。また音楽療法士によるプログラムも月4回行っており、好評を得ています。
ご家族の介護負担が少しでも軽減し、在宅生活が安定して続けられるよう、看護師・作業療法士・精神保健福祉士・介護福祉士といった専門職のスタッフが工夫を凝らして対応しています。ご利用の希望がある場合はお気軽にご相談ください。

認知症デイケア すずらん 課長 荒谷洋美

■医療安全部門

当院では日々、患者さんに安心して安全な医療を受けて頂くための活動を行っています。全職員が医療安全の意識を高めるために、参加率100%を意識した院内教育研修の実施や、インシデント報告書を分析し、リスク回避の対策を検討すると共に、確実に実施できているかを調査し評価もしています。また、感染対策委員会と協力し医療事故や院内感染の拡大防止に取り組んでいます。

副看護部長 兼 医療安全部門担当 中野直美

■アルコール依存症プログラム担当

当院では、依存症専門医療機関(アルコール健康障害)としてアルコール依存症治療プログラムを実施しています。
入院患者さんと外来患者さんを対象に毎週水曜日と金曜日の14:00~15:00で行なっています。認知行動療法や依存症関連のDVDなどを活用し、患者さんの体験や依存行動を減らす工夫などを話し合いながら回復に向けての取り組みを行なっています。
ご家族対象にはアディクションファミリープログラム(家族会)を毎月第3木曜日18:30~20:00で開催しています。
詳しいお問い合わせにつきましては、医療相談課にご連絡下さい。

アルコール依存症担当看護師 田中昭男/担当精神保健福祉士 長友勇樹